« 鬱歌 | メイン | ♪う、唄いてえ… »

2006年09月22日

東京ゲームショーでやる気復活!のコト

5月以来、PS3の価格に「絶望した!」と叫び続けていた鶴見だが(→その辺りの顛末はコチラ)、なんとまあ、東京ゲームショーの基調講演で、久夛良木社長が値下げを発表したんだそうな。HDMI端子付きモデルが49980円(税込)。あらまあビックリ。

「どうせ勝てるだろう」と高をくくって、今年は小さめのブースで出していたマイクロソフトあたりは、さぞかし慌ててるんじゃあなかろうか(まあ、MSの人間に云わせると「そうじゃないすよー。日本のMSはカネが無いからっすよー」なんだそうだが…笑)。

以前の価格だったら、今年の年末商戦の行方はもう「見えてた」ワケだが、この価格だったらホント分かんないよ。混沌。

まあ、鶴見はゲーム業界が将来にわたって「食える」業界であれば文句ナシなので、プラットフォームの勝ち負けウンヌンより、今年の年末商戦が「消化試合」でなくなったコトの方が大きい。先の見えてる試合ってのは、ニュースバリューがないもんね。世間の耳目を集めないもんね。

というワケで、絶望からの生還。ちょっとやる気が出てきた鶴見だ。やっと、PS3ソフトに関わってもいいかなって気分になってきたよ。


ちょっと晴れ晴れした気分でTGSを回ってみた。


が、

なんつうか、もうね、

ファンタジーと近未来メカが融合した世界観、だの
ニューヨークや渋谷が戦場になる、だの
イケメン男主人公とナイスバディ女主人公(ロリ顔)だの

そういったモノには飽き飽きなワケですよ。
エラいヒトにはそれが判らんのですよ。


そんな鶴見が、TGSで気になったゲームNo.1は、
「flOw(フロー)」(PS3)。

PS3の6軸コントローラを傾けて、
微生物を、深海でうようよ泳がせるゲーム。
漂っているエサを食べると、食べたモノによって様々に「進化」してく。
脊椎から、足みたいなのが生えたり、なにやら袋が増えたり。
もうワケわかんない。

PS3ソフトの中で、これだけ明らかに異質。
「こんなん売れんのか!?」と考える仕事モードの「黒鶴見」と、
「こーゆーの、いいよなあ…」と思う、癒されたい「白鶴見」が、
なんだか2人揃ってディスプレイの前でぼけらーっとしてしまった。
つか、こればっかやってた(笑
ワケわかんないけど、なんだかイイかも。

出来たら、進化のバリエーションを無数に用意して、

生存競争があったり、
交配があったり単性生殖があったり、
それをオンラインでなんちゃらしたり、
巨視的に見たらライフゲームぽく流動していったり、


…そういうの一切無視して漂ってるだけだったりw


そういうゲームになれば面白いんだろうなあ。
#あ、なんだかそれって、
ウィル・ライト先生の「SPORE」に似てるかも。

もしPS3が最初の発表通りの高っけー値段だったら、
こういうソフトって存在し得なかったんだろうなあ…。

カテゴリー: 六百式見聞録

投稿者 tsurumy : 2006年09月22日 22:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mrspider.net/mt/mt-tb.cgi/505

このリストは、次のエントリーを参照しています: 東京ゲームショーでやる気復活!のコト:

» PS3の20GBモデル49980円[税込]に、HDMIも搭載! from 最終Pod
基調講演のあとに行われたトークセッションで久夛良木健社長が爆弾発言。11月11日発売のプレイステーション3の下位機種に、HDMI端子を搭載することと、価格... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月23日 12:12

コメント

もしかしてflOw(フロー)って
http://intihuatani.usc.edu/cloud/flowing/
のことでしょうか?

とするとPS3もじゃんじゃんカジュアルゲームをネット配信するんですかね。

投稿者 ette : 2006年09月24日 01:12

↑おお、まさにソレです。
なんとまあ、既にWEB上にはあったんですね。知らんかった。
なんだかすごく気になるソフトですヨ。

投稿者 鶴見六百 : 2006年09月24日 03:18

値下げ効果かどうかわかりませんがTGSの入場者数が過去最高になるとのことです。
ソニーブースも大盛況でしたし、久しぶりに活気にあふれたゲームショーだったような気がします。
これで業界がさらに盛り上がって、flOwのような意欲的なソフトや面白いソフトがどんどんでてくるようになるといいですね。

投稿者 JONY : 2006年09月24日 19:06

TGSの来場者数の増加は、PS3の価格改定とはあまり関係ないでしょう。むしろ、NDSによってゲーム市場が活性化している面の方が大きいと、ワタシは看ます。その割には、TGSには任天堂は出展していないし、大っきなお友達に向けたタイトルに人が群がるという「ネジレ」があるワケですが。これはどうにかならんもんですかね。
もちろん、業界が盛り上がって、意欲的なソフトがどんどん出てくれば!というのは全く同感です。

投稿者 鶴見六百 : 2006年09月25日 02:30

最近ゲームって少ないですよね。正直。
ファイナル何チャラとか、ドラゴン何チャラとか
あれは今やゲームじゃないと思うんです。

ゲームって言うのは「新世界の提案」だと思うんですよ。
「新たなルールの提案」

ファイナルなんちゃらとかありゃあ、
経験値稼いでなんか探してレヴェルアップしてぶち殺す。
(RPGがダメだって事じゃなですやらないって訳じゃないし)
もう良いじゃないですか。インタラクティブムービーの枠で。
別にゲームを標榜しなくても良いと思います。

それに比べてFLOWですか?見ましたが
ゲームですよ。間違いなくゲーム。
ウィルライトさんのSPOREもゲームですね。
懐かしいです。シムシティ。昔はまりまくってました。
相変わらずWillさんはスゴイですね。

最近面白いゲームってのをやってないのでやりたいですね。
取りあえずはFLOWのページを適当に見てるとします。

投稿者 shigeyan : 2006年09月25日 14:04